成田市 不動産 | 株式会社PREBコーポレーション

・「マンション派vs戸建派」

「マンション」VS「一戸建て」の選ぶ基準



自分の過去の生活住居によっても、希望する住居は異なります。

・私は「一戸建て」で育ったから、「一戸建て」がいい。

・私は「マンション」で育ったから、「マンション」がいい。

・「マンション」での生活から、「一戸建て」に移りたい。

・駅に近く便利なな「マンション」がいい。等々、意見はマチマチです。


■どちらが自分(自分たち)に相応しいかを優先順位をもって決める。

<検討項目>~すべては、自分(自分たち)の生活が軸です。その上で組合せ評価を。

①立地・利便性

②広さ

③価格(イニシャルコスト)

④ランイングコスト

⑤メンテナンスコスト

⑥近隣対策

⑦コミュニティ

⑧騒音

⑨セキュリティ

⑩断熱性

⑪快適性

⑫家族の成長

⑬可変性(リフォーム・リノベーション)

⑭流通性

⑮資産性(資産価値)


■イニシャルコストとランニングコストの関係性【購入時の価格検証】

購入時の価格では、どうしても「一戸建て」の方が高くなります。それは、土地が影響しています。一戸建ての敷地は大半が100%所有権ですが、マンションは敷地権で土地は共有持ち分となり、所有持分がかなり少ないからです。

よって、住宅ローンを組んで購入の場合は一戸建ての返済が当然多くなるのですが、一例を上げてイニシャルコスト+ランニングコストでの検証をしてみます。すると、


<事例>
①一戸建    価格4000万円
②マンション    価格3000万円・管理費15,000円/月・修繕積立金9,000円/月・駐車場5,000円/月

この事例だと、マンションは価格以外に毎月29,000円の負担が生じます。


※毎月29,000円を住宅ローンの借入に置き換えてみますと、約1030万円(金利1%・35年償還で設定)となり、一戸建てより高い価格の不動産を購入したことになります。


このあたりも含めて、購入検討が必要です。


メールでのお問合せ

CONTACT



    株式会社PREBコーポレーション
      〒286-0041 千葉県成田市飯田町157番地7 秋山ビル2階
        TEL 0476-37-4160    FAX0476-37-4162

不動産・賃貸のアットホーム
PAGE TOP